ホーム > グルメ特集

四万十川周辺には、多くの自然が残っており、現在でも、川とのやりとりをしながら生活している人がいます。その代表が、川の恵みと共に生活をする川漁師の人たち。

柴漬け漁・ころばし漁・はえ縄漁・いしぐろ漁。今なお伝統の漁法を守り、受け継いで次の世代へ。

川の文化を守りながら、皆様のもとへ四万十の幸と恵みを届けてくれる、欠かすことのできない立役者です。



高知県西南部、四万十市を流れる日本最後の清流・四万十川のほとりに位置する当店は、平成の今でも川漁師が出入りするお店です。四万十の食文化をそのまま、全国の皆様へお届けすることで、四万十の自然の豊かさ、人の営みの豊かさを感じていただければと考えています。

天然うなぎ

四万十の川漁師が様々な漁法で獲ってくる天然うなぎ。
自然の環境でたくましく育った天然のうなぎは、焼いた瞬間から身が急速に縮み、ふっくらとしてきます。
仕上がりは、余計な脂が落ちてあっさりと、天然ならではの味わいと風味が楽しめます。

養殖うなぎ

高知県産の活鰻養殖養殖。養殖だからと侮るなかれ。
四万十屋が扱う養殖うなぎは、自然に近い環境で、一般的な養殖池で育てたうなぎよりも、ゆっくりゆっくり時間をかけて大切に育てたこだわりのうなぎです。

天然鮎

雄大な自然の中、綺麗な川の上質な苔を食べて育った天然鮎は、「香魚」と呼ぶにふさわしい川の風味をその身に宿します。
シンプルに塩焼きにするがけで、絶品です。

青のり/青さのり

青のり・青さのりは四万十を代表する特産品。名前は似ていますが、それぞれ異なる種類の川のりです。
青のりは香辛料、青さのりは天ぷらや佃煮等、食材として使用される事が多く、四万十産のものは特に評価が高く有名です。

ごり

四万十で珍味として愛されるごり(鮴)は、体長1~2cm程のハゼに似た小さな魚です。
それ故生涯5里しか泳げないだろうとその名が付いたという説も。
小さいながらも身にしっかりと旨みと風味があり、天ぷらや佃煮は地元でも人気の一品です。

川エビ

四万十でも大変人気のある川エビは、昨今漁獲数が極端に減り、入手が困難を極めるレア食材。
大きいものは煮つけに、小さいものは唐揚げや佃煮に。海の海老にはない、豊かな味わいが人気の理由でしょう。

四万十ぶしゅかん

四万十地域では、昔から「酢みかんの王様」として親しまれているぶしゅかん。酸味がまろやかで香りが上品なことが特長です。
生命力が強く、農薬や消毒もせずに自然のままで、100年以上実をつける生命力にあやかり、"四万十百年ぶしゅかん"と名づけて特産品として栽培に力を入れています。

四万十黒もち(餅米)

四万十在来種のもち米「四万十黒餅」は、豊かな香りと粘りが特長。
現在では、生産者が少なく、地元でも手に入りにくい稀少なもち米です。有機肥料と減農薬で栽培されたこだわりの四万十黒餅を使った、「うなぎちまき」は四万十屋のロングセラー商品となっています。

四万十産レモン

四万十川が太平洋に流れ込む河口を見下ろす小高い場所で、四万十の太陽と「いちえん農場」の皆さんの愛情をたっぷり浴びた、力強い香りと酸味の健康レモン。
放し飼いの土佐ジローの鶏フンを肥料に使い、受粉にはミツバチの力を借りるなど自然に近い環境で栽培されています。

四万十産グァバ

甘みと香りが抜群の四万十産完熟グァバ。就労支援事業所「ジョブなしろ」の皆さんが、農薬を使わずにたっぷり手間暇をかけて栽培しています。
四万十屋では、飲むゼリー「しまんとキッス」に使用しています。

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
営業日カレンダー
2018年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
【営業時間】
午前10時~午後5時
定休日
  • ※お電話でのご注文・お問い合わせは上記時間帯で受け付けております。(088-803-7089)
  • ※インターネットでのご注文は24時間受け付けております。
  • ※商品発送については、上記営業日に対応させていただきます。

四万十また旅プロジェクト

四万十とおわ道の駅

このページのトップに戻る