青のりの収穫

 

今日からじっこじっこ青のりの収穫が始まったようです。

収穫船

船で何をしている?

 

 

 

 

 

傍目に見るとただ船に乗ってるだけのように見えますが

実際は下図のようなカギと呼ばれる道具を船首に取り付けて

 

※絵心なくてすいません(;=∀=) 

上からの図

川底に自生する青のりを船を動かすことで絡め獲っている訳です。

 

収穫された青のりは天日で干します。

青のり干し

ただ、一重に獲って干すという作業ですが

実は結構神経を使い、手間暇のかかる作業。

 

例えば今日なんかは生憎の曇り空ですが

北から良く風が出ている場合は干します。

 

(=д=)b

・・・が、、、

 

逆に南からの暖かい風が出始めると

皆一斉に取り込みます。

 

何故かというと、青のりは暖かい風に当たると白く変色してしまうからです。

 

また雨に濡れると半乾きになり腐ってしまうので

天気を見ながら収穫を調整。

雨が降り始める前に乾燥し終えて取り込まなくてはならなかったりと

いい青のりを収穫するために適切な判断が求められます。

 

(^-ω-)ウーム

それを漁師さん達は空色や肌で感じる風や空気の状態で

予測察知し作業を難なく完遂してしまうので驚きだ。

 

そういえば今年は青のりの実り状態の噂をあまり聞かなかったが

収穫は順調に行くだろうか?

 

一昨年の大不作があるので心配のタネではあるが

問題なく収穫できればいいな-(´ω`)

 

 

 

 

カテゴリー: スタッフ日記 | コメントをどうぞ